03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

紙芝居屋ときどきお百姓さんしています。 プロ紙芝居師集団・ヤッサン一座に所属。関西を中心に各地で場を問わず口演中。現在京都国際マンガミュージアムの常設紙芝居小屋にて日々口演中! また小学校にて紙芝居クラブ講師を勤めています。 口演・画劇製作・パッキラ紙芝居講師などのご依頼は → rakkyomu@yahoo.co.jp までお気軽にご相談ください。

らっきょむ

Author:らっきょむ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おわりのごあいさつと もちつきのごあんない

2017.03.04 00:46|未分類
こんにちは。
3月3日のひなまつり、なのに新年一発目のブログです。
いかにこのブログが開店休業状態かがよく分かるというもの。
継続は力なり、素晴らしい言葉です。
昨年のブログを見返すと「月に一回は書く!」と書いてあります。
うへへぇ・・・。すいません。

ですが、今回は書かねばなりません。
一つは3月25日、もちつきするぞ!って話と。
もう一つ、このたび田畑から離れる事にしたからです。

プライベートな話ですが、昨年子どもが生まれました。
多くの人が言うように、子どもが生まれたら本当に人生が色々変わるようです。

まず夫婦のあり方が、より「パートナー」という言葉がしっくりくるようになりました。日々ゴジラの如く進化する我が子の脅威に振り回され、共に喜ぶ「相棒」感が強くなりました。
一時期はウンコに異常に意識がいって、郵便を見ても宅急便を見てもその字が「便(べん)」に見えてしまうくらい汚染されておりましたが、そんな自分に起こった変化すら面白い。

僕は大した人間ではないが、生まれてきた子に遊んでも遊び尽くせないこの世界を贈る事はできる。
ずっとそう思ってきていましたし、今も思っています。

その為の田畑でのイベントでしたし、まだ見ぬ自分の家族とその空間を分かち合えたらと思っていました。一緒にお米を作って、それを収穫して共に食べる。
この星をダイレクトに味わう、またとない方法です。

ところがです。
実際生まれてみると、まぁ大変。
今まで紙芝居しながら下手くそなお米づくりを誤魔化し誤魔化しやってきましたが、アレもコレもしていたら結局家族の時間が取れない事に気付かされました。このままいけば、むしろ妻に負担を強いるばかり。

なのでここで田畑はストップ。
僕はいろいろ器用に立ち回れる人間ではないので、すべき事を絞る事にしました。
これからは紙芝居で更に攻めていくのでヨロシクです。

最後は、僕の大好きな行事。
そしてこの数年全然出来てなかった「もちつき」をします。

もちつき

3月25日(土)10時30分から
 ※雨天時は26日(日)

場所は色々迷いましたが、最後なのでいつもの能勢の畑の前でします。

参加費1000円。
 未就学児は無料。

あんこときな粉は用意します。あと何か餅と一緒に食したいもの各自で用意!
参加の方は3月22日までに下記のアドレスまでご連絡下さい!
rakkyomu@yahoo.co.jp


今までこの畑を楽しみにしてくださった方々には感謝しかないです。
本当にありがとうございました。
そして力及ばずで申し訳ありません。

僕は畑から卒業しますが、らっきょむの事はキライになっても能勢の畑の事はキライにならないで下さい!
さよならだけどさよならじゃない、ってやまだかつてないWinkも歌ってました。
能勢にはまだまだ楽しいところ、素敵な人がいます。
僕もちょくちょく能勢にいくでしょう。

これからもらっきょむの紙芝居はよろしくお願いします。
スポンサーサイト

ブログ書いてないけど、紙芝居だらけの日々を生きてます。

2016.12.03 23:47|未分類
こんばんは。

今年は公私ともに目まぐるしい日々を過ごしています。
日々やるべき事に追いかけられて、いつの間にやら年末となってしまいました。
今は田畑も落ち着いて紙芝居にどっぷりの日々です。
ヤッサン一座の仲間がいれど、口演に行くのは大体ロンリーウルフな僕なので
大体写真などの記録が残らない。
なかなか口演の様子もお伝えできてません。

ブリブリとあちこちで仕事したい僕としてはいかんともし難い事態なのですが、
そんな僕の気持ちを知ってか知らずか、口演先の主催者の方やお客さんがたまに写真を撮ってくれたりします。

ありがたや、ありがたや!
この写真はロームシアターでのイベント「Little seeds 移動遊園地vol.1」の様子。

little_seeds_2_convert_20161203212823.jpg

そしてこれらは枚方の神社と公園での紙芝居。
 img081_convert_20161203212745.jpg img082_convert_20161203212727.jpg

自転車の紙芝居、どこにでもいけるのがその魅力です。
そしてどこにいっても、その場その場の人々の魅力が見えてきます。
紙芝居の依頼を受けて、時に絵を描き、演目を準備して、お客さんに出会う。
おおざっぱに言えば、大体そんな流れです。
もう何十回、何百回とやった演目もある。
それでも、ずっと新鮮な気持ちで紙芝居をやらせてもらっています。
紙芝居はお客さんがいて、始めて完成するから。
どれだけお話を練り、ネタを組んでいっても、最後お客さんの前に出た時に
「あ、この用意した構成は違うな」
と思い、バッサリと変える事もあります。

その場の空気で生まれる面白さがやはり紙芝居の醍醐味。
子ども達のとんでもない発想から生まれる珍発言にしてやられるのも一興。
はじめ大人しかった子が終わる頃にはウザいくらいキラキラと元気を振りまいてくる。
その光景に僕も中毒を起こしているのでしょう。

今年もあとわずか。
紙芝居の楽しさを来年もドシドシお伝えしたいと思っております。
というか、ドシドシお仕事もお待ちしております。

明日もいつものマンガミュージアムで口演。
クイズの答え知って常連さんも来るかもしれません。
そういう時にこそ、また新たな紙芝居が生まれるチャンス。
皆様もぜひぜひ御覧くださいませ。

農作業、一年間

2016.10.28 22:45|未分類

この一年、田植え、稲刈り、芋掘り終わり、今年の農作業も一区切り。
長らく更新してなかったので、ダイジェストでお送りします。

今年始めて田植えに来てくださった方もたくさんいて、楽しい稲刈りするぜウッホホーイ!と思ってたのに雨続きで稲刈りイベント開催出来ず。
非常に悔しい思いをしました。



田植え_convert_20160617222823

DSC_0839_convert_20160617223144.jpg

DSC_0836_convert_20160617223124.jpg

めしたき_convert_20160617222949

なので今年のお米は機械刈りの機械乾燥。天日干しではありません。
それでも美味い新米さんには頭が下がります。

 DSC_1133_convert_20161028192817.jpg

米を取った後の稲わらは束ねて乾かしておきます。

IMG_20161007_173834_convert_20161028195622.jpg

何故かって?
焼き芋と称して子どもたちと火遊びするからだよ!
という訳で先日芋掘りは無事できました。
DSC_1168_convert_20161028192934.jpg

今年も一年僕の田畑にお付き合いしてくださった皆様、ありがとうございました!

この数ヶ月、忙しくてまっとうにブログ更新もできていない状況。
正直紙芝居の情報発信もまともに出来ていない今の状態では来年以降、畑をどれだけ維持できるかも分からなくなってきているので、今後どういう形にするのがいいのかちょっと考えなきゃいけないくらいです。
それでも続けてこれたのはこの場所を楽しみにしてくれている皆さんと僕の作りたい世界がそこにあったからです。

来年はどこまでできるか。
この冬、無い知恵を色々絞ってみよう。

後はすべきはアレだ!
最近できていなかった餅つきを今年こそしてやる!

お人形さんと紙芝居。

2016.04.13 16:13|かみしばい
人形劇。

子供の頃には触れる事が多くても、大人になるにしたがって多くの方の視界からフェードアウトしがちなところは、紙芝居に良く似ている。
むしろ準備の大掛かりさ、扱いの難しさから言えば子どもにとっても人形劇の方がもっともっと特別なものかもしれません。

マンガにもない紙芝居にもない映画にもない、人形劇独特の面白さが合って、
それはファミコンのしょぼいドット絵に心がスッと入っていけるような、
そんな心地よさにも似ています。

いや、人形がしょぼいとかそんな意味ではなく。
高校の頃は人形アニメが作りたかった人間なので、お人形さんは基本的に好きなのですよ!
何故人形アニメを作ってないのかと言えば、機械の扱いを覚えるほどの情熱が無かったのですね。僕には。
なので観る方の人間です。

そんな僕の大好きな人形劇団みのむしさんの劇場。
「あとりえミノムシ」

以前お伝えしたとおり、4月9日にここで紙芝居をさせて頂きました。
名のある方々が様々なパフォーマンスを展開して来たこの場所。
今回僕なんぞに機会を下さって本当にありがた恐れ多い限りです。

当日はみのむしスタッフでもあるJIJOさんに消しゴムハンコのチケットまで作ってもらい、
やる前から嬉しさMAXぐへへ状態。

DSC_0786_convert_20160412235858.jpg

天井からはミノムシならぬ数多のお人形が吊り下げられ、最高のロケーション。

IMG_20160409_132405_convert_20160412235837.jpg

あとはお客さんが来てくれるだけ・・・!

と、ここが一番心配だったのです。
ネームバリューのない僕の紙芝居を皆さん見たいと思って下さるかどうか。

もし誰も来なかったら、お人形さん相手に紙芝居をする覚悟やぞ!!
一時間お人形さんに語り掛け続けたという伝説(レジェンド)を打ち立てるんやぞ!!!
と腹くくってたら・・・・

来ました!
このアトリエの常連客!

しかも開演一時間近く前に!!

はぇえぇぇ!

その後も様々な方々が来てくださいました。
さすが、ミノムシブランドの信頼感!

おかげさまで昼の部も、夜の部も盛り上がって楽しんで頂けました。
終わった後のみんなで食べる水アメタイムの幸せなこと!

ウンコネタも際どいネタも子ども達の瑞々しい感性のネタも
それら全部含めて紙芝居の可能性をもっともっと感じて頂けたなら幸いです。

ご来場の皆様、あとりえミノムシの皆様、快く広報にご協力下さった方々、本当にありがとうございました。


次回のあとりえミノムシは人形劇団みのむしさんによる
ドクロ屋敷の謎 第三話
 カラスマーの野望の巻
」!

おそらく今回もローカルネタ満載のシュール人形劇が展開されるので
皆様要チェックでございます!!

4月9日は、あとりえミノムシに集合!

2016.03.25 10:18|かみしばい
こんにちは。
来る4月9日。
京都今出川にある「あとりえミノムシ」さんにて紙芝居口演しまっす!

img028_convert_20160325095343.jpg

このアトリエ、僕の大好きな「人形劇団みのむし」さんの人形劇場兼工房なのですが、
それはもう所狭しとみのむしさんの作られた人形が飾られていて、それを見るだけでも十分価値があります。


DSC_0770_convert_20160325094150.jpg
僕ももう何度もここへ人形劇を観に足を運んでますが、その度に見入ってしまう。
むしろこの人形達に会いに来て、僕の紙芝居は物のついでに鼻クソほじりつつ眺めるだけでも十分でございます。


うそ、じっくりたっぷり楽しんで下さいませ。

らっきょむの紙芝居はマンガミュージアムで散々見たぜ!という方、
当日はマンガミュージアムでは普段しない(できない)作品も上演するつもりでございます。

あと、少年少女には水アメもサービス!
紙芝居ファンも人形劇ファンも眉毛濃い男ファンも、らっきょむと人形一同お待ち申し上げております。
皆様どうぞお気軽にお越しくださいませ。



【場所】
あとりえミノムシ
京都市上京区不動前町1-2
電話:075-200-8261

【要予約】
1000円 (3歳以上有料)
ご予約 をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。

ご予約はこちらから
アトリエみのむしHP

【ほか】
駐車場はありません。近辺のコインパーキングをご利用ください。
自転車・バイクは停められます。

DSC_0772_convert_20160325094219.jpg

NHK「いってみようやってみよう」のぱぴぷぺぽっけも待っとるでよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。